白髪染めおすすめ&口コミ情報
白髪染めおすすめ&口コミ情報 TOP >白髪染めの仕組み

白髪染めの仕組み

白髪染めの成分とはたらき

普通に白髪染めというと、1剤と2剤を混ぜて使うタイプが主流です。
1剤には酸化染料・アルカリ剤が入っていて、2剤には酸化剤が入っています。
これらを使う前に混ぜると、酸化染料が髪の毛に付いて、髪の毛に色合いが出てきます。
1剤と2剤の成分とその働きについて説明すると、まず、1剤には、先ほども述べたように、酸化染料・アルカリ剤が入っていて、酸化染料とは、白髪染めの染料の元となり、ジアミン系(パラフェニレンジアミン・トルエン-2.5-ジアミン)が使われています。
アルカリ剤は、髪の毛の表面にあるキューティクルを開かせ、染料が浸透しやすくする役目があり、アンモニア・モノエタノールアミン等が成分となっています。
一方、2剤には、酸化剤という過酸化水素水で出来ていて、1剤に入っているアンモニアにて分解されることで、酵素となり、これが1剤に入っている酸化染料を発色させ、独特な色合いを生みだすのです。

白髪染めで髪を染めるまで

1剤と2剤を合わせて、混合液を作り、乾いた髪の毛に塗布します。
すると、1剤のアルカリ剤により、髪の毛の表面にあるキューティクルが開き、混合液が髪の毛の内部に浸透しやすくなります。
1剤のアルカリ剤が2剤の過酸化水素水を分解させ、酵素が発生すると、酵素は、メラニン色素を脱色させ、1剤の酸化染料を発色させ、髪の毛の内部にしみこませるのです。
発色した酸化染料は、結合しあい、どんどん大きな分子となり、外に出ることが出来なくなり、やがてキューティクルが閉じて、完全に髪の毛の内部に閉じ込められ、染料がそのまま定着して、白髪染めが完了するのです。
これはヘアカラーの場合で、一番長く色合いをキープできる方法ですが、ヘアマニュキュアにおいては、表面のみなので、使う度にコーティングが落ちやすく、白髪スプレーやスティックタイプのものは、一時のカラー着色となるので、シャンプーの度に落ちてしまいます。
長くキープさせたいのであれば、ヘアカラーがお勧めです。

髪と頭皮にやさしい昆布成分の白髪染め

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントの口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判

関連コンテンツ

白髪を抜くと増えるは本当?
白髪染めの種類
白髪染めの選び方(形式別)
白髪染めの選び方(カラー)
白髪染めの安全性とアレルギー

Topへ