白髪染めおすすめ&口コミ情報
白髪染めおすすめ&口コミ情報 TOP >白髪染めの選び方(カラー)

白髪染めの選び方(カラー)

白髪染めの色選び

自分の髪質と合った白髪染めの色選びというのは、とても仕上がりを左右するので大事なのです。
昔は、白髪染め=黒色、というのが定番でしたが、この頃は、白髪を目立たなくさせるだけでなく、オシャレなものという認識が強くなりました。
それによって、色んな色パターンが出てきて、同メーカーでも、色が違う種類が多いものもあり、実際、どれを選べば良いのか迷ってしまいますが、当然、好みのものを選ぶと良いでしょう。
しかし、自分の髪質や白髪の量等によっては、メーカーが表示している色と若干異なる場合があり、自分に合ったタイプの色タイプを選ぶ必要があります。
そこで、実際、髪質や白髪の量によって、どんな変化が生まれ、白髪染めはどんなタイプを購入すればいいのかについて、次回から、説明していきます。

髪質・白髪の量による色の変化

同じ白髪染めを使っていても、その人の髪質によって染まり方が違います。
髪の毛が細くて軟らかい人は、着色率が高く、硬くて太い人は、なかなか染まらない傾向があります。
なので、明るめの色を選ぶのならば、軟らかい髪の毛の人は、そのままのイメージでいいのですが、硬い髪の毛の人は、自分が買いたいと思っている色が表示されたタイプよりも明るい色を選ぶと失敗が少なくなります。
又、表示時間よりも5分程長く放置すると、いい色合いになるのです。
しかし、あまりに長く放置しておくと、硬い髪の毛の人でも明るくなりすぎるので、大幅なる放置時間は避けるようにしましょう。
それから、白髪の量によっても仕上がりが異なり、黒い髪の毛に色をプラスするのと、白い髪の毛に色をプラスするのとでは、感じが違ってきます。
その為、白髪の量によっても仕上がりが異なるので、白髪が多い人は明るい感じになり、白髪が少ない人は暗めの仕上がりになります。
つまり、白髪が多い人は希望通りか希望より1トーン暗めの色を選び、白髪が少ない人は、希望の色より1トーン明るめの色を選ぶと良いです。

髪と頭皮にやさしい昆布成分の白髪染め

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントの口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判

関連コンテンツ

白髪を抜くと増えるは本当?
白髪染めの種類
白髪染めの選び方(形式別)
白髪染めの安全性とアレルギー
白髪染めの仕組み

Topへ