白髪染めおすすめ&口コミ情報
白髪染めおすすめ&口コミ情報 TOP白髪染めの正しい使用方法 >シャンプー・ドライヤー

シャンプー・ドライヤー

正しいシャンプーの仕方

抜け毛の多い人は、シャンプーを嫌う傾向があります。
それはシャンプーの度に髪の毛が抜けてしまうからです。
しかし、基本的にシャンプーで毎日髪の毛を洗うことは大事で、どうしても乾燥肌だからと言う人は、2・3日おきでもいいのですが、育毛の為を考えると、毛穴に詰まった皮脂を洗い流す為に、毎日洗うことが大事なのです。
又、育毛剤を使っている人は、脂溶性でないものが多いので、頭皮に皮脂汚れがあると、効き目がない場合があるのです。
その為、出来るだけ毎日シャンプーをすることをお勧めします。
シャンプーの量は多すぎず少なすぎず、多すぎると、きちんとすすぎができなくて、フケや抜け毛の要因になりますから注意が必要です。
二度洗うのが良くて、一度はお湯で湿らす程度に洗い、水道水は塩素や不純物が多いので、浄化シャワーを使うと良いです。
シャンプーを付けてから、爪を立てずに頭皮を傷めずに、マッサージすることが大事で、しっかりとマッサージをした後に、十分すぎる程にきちんとすすぎます。
これをしっかりとやらないと、フケになりますから気を付けてください。
リンスは育毛剤とは相性が悪いので、育毛剤を使うなら、リンスは使わない方が良いです。
ごわつき感がある場合、シャンプーにオオバオイルを入れると良いです。
吸水性の強いタオルでしっかりとタオルドライをした後に、育毛剤を使いますが、濡れたままだと髪の毛が傷みやすいので、しっかりと水気を取りましょう。

正しいドライヤーの使い方

シャンプーの後、そのままの状態にしておくと、水分は蒸発しますが、頭皮の温度が下がって、血の巡りが悪くなり、栄養・酸素が行き届かなくなるので、抜け毛・薄毛の原因となります。
又、育毛剤を使う場合も、濡れた髪の毛だと、頭皮の血管を拡張させて、血の巡りを良くすると言う働きの妨げになってしまうのです。
水分を含んだ髪の毛は、キューティクルがとても柔らかくなっていて、すぐに剥がれてしまうので、お風呂上がりはきちんと髪の毛を乾かしておく必要があるのです。
しかし、ドライヤーで乾かすと、当て過ぎにより、キューティクルが傷んでしまいがちです。
そうなると、髪の毛の摩擦や布団・枕の摩擦で、折れたり欠けたりしてしまうので、そんな弱い状態の髪の毛は、抜けやすく、薄毛の要因になりやすいのです。
まずタオルドライで軽く水気を取り、弱めのドライヤーを短時間当てるのです。
頭髪のみならず頭皮も乾かすつもりで、20センチ程離して、こまめに動かしながら乾かします。

髪と頭皮にやさしい昆布成分の白髪染め

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントの口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判

関連コンテンツ

白髪染め時に準備するもの
白髪染め後のヘアパック
白髪を抜くと増えるは本当?

Topへ