白髪染めおすすめ&口コミ情報
白髪染めおすすめ&口コミ情報 TOP >白髪染めの種類

白髪染めの種類

白髪染めには4種類のタイプがあり、それぞれ長所もあれば、短所もあります。
まず有名なのが、ヘアカラータイプで、髪の毛に定着するメラニン色素を分解し、髪の毛の内部に染料を浸透させる方法です。
白髪でも黒髪でも一旦色素を分解してから染めるので、安定した仕上がりになり、長持ちします。
しかし、分解をする分、頭皮や髪の毛への負担が大きく、すぐに又染め直したりすると、キューティクルが剥がれおち、髪の毛がボロボロになり、きしんだり枝毛が多くなったりします。
特に肌の弱い人は染料が肌に付くと炎症を起こす危険性があるので、事前にパッチテストをすることをお勧めします。
次にヘアマニュキュアタイプで、こちらは髪の毛の表面にのみコーティングをする簡易的なタイプです。
色素分解せず、脱色をしないので、髪の毛へのダメージは少なくなり、コーティングで艶のある仕上がりになります。
黒髪は染料の色に近くなり、白髪は自然な色合いになりますが、簡易的な染め方なので、シャンプーの度に落ちてきてしまう為、効果持続がヘアカラーよりも弱いです。
それからカラースプレータイプで、髪の毛に塗布して色を付けるスプレーです。
当然、髪の毛にスプレーでふきかけただけなので、シャンプーの度に落ちますし、その日その日で使う感覚でのみ使用できます。
白髪染めというよりは、染めた後で伸びてきた部分のリタッチとして使うと良いです。
そして、シャンプータイプですが、毎日のシャンプーで徐々に染まってくるというタイプで、新たに伸びた部分も目立つことなく染まると言うメリットがありますが、効果が出るまで時間がかかる、劇的な変化が望めないというデメリットがあります。
 

白髪染めのテクスチャー

白髪染めには、クリームタイプ・ジェルタイプ・液体タイプがあり、長い髪の毛の時は、ジェルタイプ・液状タイプが髪全部に広がりやすいのでお勧めです。
又、ショートヘア・ボブヘア・生え際根元の部分染めには、クリームタイプが良く、液だれしないで染められるので便利ですし、必要分を取り出せますから経済的です。
クリームタイプは粘りがあり手に取りやすく、付着力が良いですが、広がり方は他の方法よりも劣ります。
液状リキッドタイプは、広がりはいいのですが、余計に使ってしまうので、経済的には良くありません。
ジェルタイプはその間ぐらいです。
きちんと全体を染めたい場合は、リキッドタイプが良く、ムダに使わずに染まりづらい所を染めたい場合は、クリームタイプが良く、広い範囲で染めたい場合はジェルタイプがお勧めです。
ボトルも様々な工夫がしてあり、コーム型になっていて、容器を押すとコームの中央に液が出てくるタイプと、頭に直接出すノズルタイプ、ボトルをプッシュして出すプッシュタイプがあります。

 

髪と頭皮にやさしい昆布成分の白髪染め

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントの口コミと評判
利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判

関連コンテンツ

白髪を抜くと増えるは本当?
白髪染めの選び方(形式別)
白髪染めの選び方(カラー)
白髪染めの安全性とアレルギー
白髪染めの仕組み

Topへ